採用情報/薬剤科

薬剤科

総薬剤科長

薬剤師は、塩田病院(5名)と塩田記念病院(5名)おり、それぞれの病院は独立した業務形態を取っています。

総薬剤科長 畝本 賜男(薬学博士)
うねもと たまお
役職 千葉県病院薬剤師会外房支部長・理事
認定資格 日本医療薬学会認定薬剤師制度
「認定薬剤師」・「指導薬剤師」
経歴 1982年 東京薬科大学卒業
1982年 日本医科大学多摩永山病院薬剤科(救命救急センター配属 3年間)
2003年 日本医療薬学会 認定・指導薬剤師を認定修得
2007年 東京薬科大学大学院 薬学博士
2008年 日本医科大学付属病院
2012年 副薬剤部長 医療管理部副部長 医療安全管理者 手術室、高度救命 救急センター、ICU、全病棟薬剤師業務責任者
2015年 塩田病院 総薬剤科長
2016年 千葉県病院薬剤師会理事・外房支部長
所属学会及び
学会活動
日本薬学会
日本医療薬学会
医薬品相互作用研究会(1999年医薬品相互作用研究会 評議委員)
原著論文 (1)Hypertension.(1999年)
Different mechanisms for testosterone-induced relaxation of aorta
between normotensive and spontaneously hypertensive rats.

(2)Eur J Pharmacol.(2003年)
Differences in the mechanisms for relaxation of aorta induced by
17beta-estradiol or progesterone between normotensive and hypertensive rats.

(3)Biol. Pharm. Bull.(2007年)
Role of BK channels in testosterone-induced relaxation of the aorta
in spontaneously hypertensive rats.

(4)日本病院薬剤師会雑誌(2015年)
周術期に血栓リスクがあるホルモン剤の添付文書の比較検討

塩田病院薬剤科紹介

調剤・注射業務と服薬指導業務

院外処方せんは、98%の発行率。
院内の調剤・注射業務を基本に病棟薬剤師業務、医薬品管理業務、医薬品情報の収集と提供など薬剤師の知恵を絞り、医薬品の安全管理に努めています。

毎週ミーティングが行われ、医薬品情報の共有をしています。

他職種との潤滑油としての薬剤師

患者さんの服薬指導で得られた情報を医師・看護師へフィードバックし、チーム医療の一員として医薬品の適正使用を推進し、安全安心の薬物療法に取り組んでいます。

認定資格の修得を奨励

「日病薬病院薬学認定薬剤師」の修得に向け全員合格(平成30年度)を目指しています。研修に関する病院からの手厚い(学会、研修会、e-ラーニング等)補助。

採用情報を見る