脳神経内科

脳神経内科

脳神経内科の概要

脳神経内科で扱う疾患は、脳血管障害、認知症、パーキンソン病、神経感染症、神経免疫性疾患、てんかん、末梢神経・筋疾患など、非常に多岐にわたります。当科では、その診断と治療のみならず、介護やケアの導入への橋渡しも重視して行っております。 また、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、上下肢の痙縮を有する患者さんには、ボツリヌス療法も施行しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 当科では、近隣の医療機関とも連携しつつ最良の医療を提供できるような体制を整えております。今後とも、地域の皆様の健康維持に微力を尽くして参りたいと考えております。