院長挨拶

院長挨拶

院長挨拶

当院は風光明媚で温暖な気候に恵まれた南房総の勝浦の地で昭和21年に開院して以来、70年を超えて地域のみなさまに愛され、ご開業の先生をはじめとする様々な関係機関にささえられながら、中核病院として成長してまいりました。

医療過疎地域である勝浦・夷隅地域では、当院が急性期機能をしっかり提供し続ける覚悟と努力が必要とされています。当院は開院以来日曜祝日夜間も救急医療を提供し、現在は二次医療機関として救急医療に取り組んでおります。当院は夷隅郡市病院群輪番制の75%を担当しております。

また当地域では高齢化も深刻であり、慢性期医療および介護・福祉への取り組みも大切な使命です。

このような厳しい環境下で、医療現場を疲弊させずに急性期医療を担保するために、病院が得意な領域を明確にして機能分化することは肝要であり、当院はグループの塩田記念病院との連携を一層強め、また地域医療機関と協力しあって参ります。

介護・福祉におきましては、グループの老健「やすらぎの郷」、特養「総野園」、軽費老人ホーム「勝浦部原荘」をはじめ地域の施設、在宅ケアと手をとりあい地域全体で支えてまいりたいと思います。

当院では、医師はもとより、看護師、コメディカル等、地域医療のために貢献してくれる医療スタッフを求めています。当院ホームページをご覧になった医療関係者の方には、当院および勝浦の地にご興味を持っていただき、当院での勤務を検討いただければ誠に光栄です。